相談

弁護士に依頼する

美容整形訴訟には弁護士が必須

女性の多くが美容整形を利用しています。これは日本に限らず世界中で行われていることです。美容整形の需要は年々増加しているようです。美容整形の技術は昔と比較すると格段に上がっていて費用も安く抑えられてきているようです。日本ではまだ割高感があるため、海外で手術を行う人も多いようです。女性にとっては、美への追求は昔から変わっていません。 美容整形を行う医院もその需要の多さから年々増加傾向にあるようです。どの手術でも医療ミスは起こっています。美容整形でも同様に年間でかなり多くの事故やミスが起きているようです。そういった場合には、訴訟弁護士を活用して医院を相手に訴訟を起こす方も多いようです。費用はかかりますが、訴訟弁護士は利用することが望ましいです。

医院を相手取った訴訟を起こす

美容整形を相手取った訴訟を起こすためには、ある程度の期間と費用が必要です。訴訟弁護士を雇うにもかなりの費用が必要とされていて、個人では経済的にかなりの負担を強いられることとなります。個人ではなかなか難しいですが、そういった場合は集団訴訟という手法もあります。この場合だと、個人よりは費用が分散してコストを下げることも可能となります。 美容整形を行った医院側も集団訴訟となると、訴訟を受けざるを得なくなってきます。また、訴訟弁護士にとっても、集団訴訟の方が裁判を起こしやすいようです。美容整形は、美しい身体を手に入れることができるかもしれませんが、そういったミスが起きる可能性は必ずあります。仮にそういった事が起こった場合は、訴訟弁護士を上手に活用しましょう。

美容整形で失敗したと思ったら

美容整形のトラブルはその需要と共に増えています。思った様な仕上がりにならなかった、術後の経過が思わしくなかった、医師にかけあったが酷い事を言われた…等の被害を訴える患者さんは近年増加傾向にあります。 どうしても裁判で訴えたい、でも法律知識も無いしどうやったらいいのかわからない。 そんな方でも裁判所はきちんと味方になってくれますので、怖がらずに訴訟弁護士をお願いしましょう。 140万円以下の被害額なら簡易裁判所に申し立てる事も出来ます。こちらはお金もそれほど掛からず訴訟弁護士も不要ですが、いきなり一人で裁判を起こすよりはまず弁護士事務所で相談を受けてもらった方が確実です。 もちろん、信頼できるクリニックで本当に必要な手術なのかどうかを考えてから施術に望む事が大切ではあります。

整形失敗のトラブルで裁判に持ち込む為に

美容整形のトラブルで、医院側に過失を認めさせるには過失を定義づける必要があります。医師本人は過失を認めないでしょうから、事前に行われた説明と違う状態になった、つまり説明義務違反と契約不履行の点で争う事になるでしょう。その際にはどのような説明を受け、また説明が受けられなかったのかを明確にしておく必要があります。そのためにもカウンセリングや契約書は美容整形の最初の段階でしっかりと確認しておきましょう。 訴訟弁護士さんに依頼すれば裁判だけでなく、示談交渉になった時に内容証明の作成が必要であり、その際に専門知識を提供してもらえます。できれば美容整形の裁判の経験がある方にお願いするようにしましょう。 殆どが患者側に不利な判例の多い美容整形のトラブルにおいては、各地の訴訟弁護士に悩みを具体的に打ち明けて、上手く相談するのが解決への第一歩です。

事前にイメージする

美容整形を受ける際には、事前にイメージを行なうことが大切です。また、美容外科では訴訟を起こされている医院もあるので、事前に技量があるのかについて下調べを行っていくことが大切であると言えます。

詳細はこちら

相談をしっかり行う

美容整形を行なう場合は、訴訟トラブルにならないよう事前にしっかり相談を進めていくことが重要になります。どのような印象になりたいのかについて想像しておき、理想に近い状態になるように対策を行いましょう。

詳細はこちら

トラブルを防ぐ

訴訟に値するほどの美容整形のトラブルに遭遇したら、保障が受けられるように弁護士へ相談を行なうようにしましょう。また、信頼できる弁護士探しも大切であると言えます。

詳細はこちら

医療の一環である

美容整形は医療行為の1つとなっているので、気軽に受けようと思わずに慎重な判断を行うことが大切です。訴訟トラブルのあった医院は選ばないなど様々な情報を集めることが大切です。

詳細はこちら

悪質な医院もある

美容整形に関して様々なトラブルが噂されてきましたが、このようなトラブルは多くの場所で発生されています。やり直しが効かない美容整形であるからこそ、慎重な判断が求められます。

詳細はこちら

SUB MENU