医療の一環である

美容整形は医療行為である

医療事故の中でも、美容整形での事故の割合は大変多いです。 脂肪吸引や豊胸手術などは合併症の可能性が高く、事前にそのような説明がされるものの、実際に起きてみると大きな痛みや苦しみを伴います。 また、簡単にできるとみなされがちな瞼を二重にする手術や、 最近関心が高まっているアンチエイジングのための手術など、 いわゆるプチ整形の類も、簡単なように思えてもトラブルの例は多くあります。 まずは、事前に美容整形も医療行為であるという認識が必要です。 医療行為である以上信頼性は高いものですが、失敗のリスクは否めません。 プチ整形などと言っても、医療行為であることを再確認しましょう。 その上でどうしてもトラブルに遭遇してしまったら、訴訟弁護士への依頼を検討しましょう。

専門の訴訟弁護士を探そう

訴訟弁護士とは、当事者の代理人として法的な手続きをし、法廷での弁護を行う人のことです。 訴訟弁護士の中には、医療訴訟、とりわけ美容整形に強い弁護士もいます。 美容整形を医療行為であると認識し、正しい医療の実現のための専門知識が豊富です。 まずは電話相談だけでも受けてもらうことができ、フリーダイヤルなども設けられていることが多いですので 諦めずに連絡してみましょう。 その際、示談交渉をするのか、民事調停なのか訴訟を起こすのかなどのアドバイスされることでしょう。 交渉を進めるうち、示談ができず訴訟に進むこともあります。 病院側には顧問弁護士がいるケースが多いですので、泣き寝入りせず、専門の訴訟弁護士に任せましょう。